行ってみました

フラワーデザイン

Photo


松屋銀座8Fにて開催中の マミフラワーデザイン展 2013 「花、ディスカバリー」を
見学してまいりました。

植物に対する苦手意識がありまして、
夏休みの宿題の定番、朝顔成長観察も日誌に描く度に萎びたゾンビと化し、
頂いた鉢植えなどはもって1ヶ月。
水のやり過ぎなのか根が腐ったり、水やりを減らしてみれば葉っぱがポロポロ散ってしまったりで
ホント難しい。
切り花もワタシの手にかかると3日ぐらいで精彩を欠くのであります。
ホント悲しい。
お花の為に近づかない。専ら誰かが手入れした花や写真を鑑賞する事にしております。

ただ、生け花やアレンジされた花の切り口が 
イタクルシそうな感じだなとボンヤリと思ってました。
剣山とかオアシスって痛くないのかい?

先月お世話になったギャラリーのオーナーさんが
このフラワーデザイン展に作品を出品されてると伺い、久々の松屋銀座へ。


ギャラリーのオーナー さくらままさんの作品はこちら

Photo_2

ね、いいでしょ?

和紙を使って紙縒りを施して、水流のような曲線の楽譜。
八重のクレマチスが渦に溜まりながら歌っているようで、
すべて白ってところも清楚で素敵です。

お花好きの皆さんはもう既にご存知でしょう。マミーフラワーデザインスクール。
剣山やオアシスを使わずに紙や石、金属などでお花をアレンジするんですって。
それぞれ使用するテーマがありまして、
オーナーさんは、「紙」でした。
小さい涙形の花瓶が、それぞれお花用に仕込んでありました。かわいいの。


鉛筆や経木を重ねたものとか、アルミホイル製フリル状のテープやレンガ、
小石、小枝で作ったオブジェなども花器にしてました。
自由でユーモアがあって 世界に一つだけって感じ。
イタクルシそうじゃないのもホッとするし、ね。

こんなに自由でいいんだー?
ちょこっと真似してやってみたいなって 
久々に苦手意識を上回る好奇心がムクムクした次第です。


さくらままさん ありがとうございました。


健脚フォーエバー

箱根の関所

Photo

江戸時代だったら、、ひょこひょこダンナのお伴なんてありえないでしょうな。
所用が終わるまでの時間、芦ノ湖で半日一人旅。
天気もいいし、関所を見学しました。

箱根の関所といえば、
「入鉄炮と出女」 社会の授業で習った当時、江戸から出る女を調べる為に
専門のおばあさんが厳しく調べるという話を聞いて
ひぇ〜、持ち物検査なんて比じゃないよねー。怖い怖い。と思ったもんです。

箱根の山は天下の剣といわれる程の険しい山です。
写真は、この関所裏の屏風山「遠見番所」から下る急な階段の途中から撮りました。
わらじで山道を歩くって どんなに大変なんでしょうね。
 

そして、この関所跡のところから恩賜箱根公園へ
かつて天皇の函根離宮があった跡、
明治時代のお姫様妄想にふけつつ、洋館建築のテラスから芦ノ湖を見下ろします。
「まぁ ご覧になって。水面がきらきらして夢のように美しゅうございますわ。」
妄想ですから自由です。


_1_3

ここから芦ノ湖まわりを歩く健脚コースに、しっかりウォーキングシューズ装備の
ご夫婦連れやバスツアーの先輩方が散策に向っていかれました。皆さんお元気。

ワタシも待ち合わせた場所まで楽チンコースで戻ってまいりましたが、
翌日見事に筋肉痛。
江戸時代だったら品川辺りでウロウロして終わりそうです。
日頃の運動不足を反省しつつ、鍛えなきゃと痛感しました。

特撮博物館

Image_1

10月8日に終了してしまいましたが、期間中の来場者数29万人を超えたという
『特撮博物館』
9月のとある日いってまいりました。

特撮を展示?なんだかんだいって、CGの話になっちゃうんじゃないのー?
なんてあんまりピンときてなかった。
ところがどっこいデスよ。
ワタシが悪かった。
ツボにばんばんヒットしました。

ミニチュア。小松崎茂氏。SFメカデザイン。キングギドラスーツ。基地や宇宙ステーションなど内部の精密なデザイン。まさか一同に集まって見られるなんて。
懐かしいやら、興味深いやら、もうどこから手を付けていいの⁈

Ksh

おまけに特撮の集大成『巨神兵東京に現わる』というショートフィルムまでのフルコース。
CGなしの 職人技のすごさをおおいに感じました。


全く知らなかったのですが、一目でうわぁ~って言っちゃったのがコレ。
スカイホエール
(ウルトラマンタロウ)
Photo

ナナフシ的飛行機です。どうしてこんな形が思いつくの?
そしてこのトーンと配色、忘れていた昭和風味。
かっこいー 参りました。


来春開催の検討がされてるようですので、昭和のちびっ子は要チェックですヨ。

夏の思ひ出  5  

いつもの毎日、平凡な日々、なんにもなかったように思ってましたが、
棚卸しすると案外ネタが多い事に気づきました。
夏の思ひ出 5って何⁈
総括とは言いませんね。
すみません。ひとまず最終回です。

8月はワタクシの誕生日が、ありまして、、、
その誕生日2日前にダンナが参加している会合の家族会で、TDLへ行きました。

メインはClub33での会食。
ゆっくり食事が出来て、お酒も飲め(飲んべえにはスゴ〜く大事)
お給仕(っていう?昭和か!)の おねえさんの制服が、すごく可愛かったです。
お誕生日のコースもあるようですが、今回は皆さんとの集まりという事で、
賑やかに楽しくお喋りしながらいただきました。
お土産に、自分の名前入りのシールをいただきました。

Tdl

お料理の写真はこれだけ、
いつも食べたり、飲んだり、おしゃべりしたりでいそがしくって
画像で残ってるのはアペタイザーのみってことがなんと多い事か。
今回もです。
記憶では蛤とジュレの冷たいスープ。
Cl_2


勝手にお誕生会の前倒し的気分で盛り上がるワタクシでございます。
夢の国でお酒が飲めるって最高デス。


期間限定のアトラクションだと思ってた『キャプテンEO』。
もう終ってると思ってたたら、レギュラーアトラクションになってたんですね。
やったー。
久々に見るこのプログラム。始まった当時もマイケルのダンスと3Dの迫力ある画面に魅了されましたが、今見てもやっぱり色褪せずイイ‼


肉体年齢はかなりビンテージですが、精神年齢は ほーえばー18ですから
キッカケさえあれば、一気に高3女子になりますのよ。うぷぷぷぷ、、、
怖がらないで、ついて来て下さいね。

Tb


スペースマウンテンで小4男子になり、
ピーターパンでは、厚かましくもティンカーベルに夢見る小1女子になり、
どんどん童心に帰るワタシ。
Club33であまりにも制服が可愛いくて、、お姉さんに話しかけるワタシは、
実年齢のしかもおぢさん!だったかも。

ひとっ飛びに年齢も性別も超えるTDL。
ミラクルワールドで 夏の思ひ出 締めさせていただきます。


夏の思ひ出 4

東西タワーに上りました。

まずは、乗り換えの為に寄った京都。

P1000158

新幹線の乗車まで微妙に残った時間で京都タワーに行ってみました。
展望室から望遠鏡で清水寺や、平安神宮、祇園、比叡山、あっちこっち見渡して無理矢理観光気分に浸りました。
—湯豆腐を食べにフラッと南禅寺に行って参りました— なんていうのが夢です。
—鮎を食べにフラッと嵯峨野に行って参りました— なんていうのも夢です。
食べる事ばかりで恐縮です。フラッと行けるなんてゆー日がくるといいなぁ。

そして スカイツリー。

Skt

隅田川が地図で見るのと同じに蛇行しているンだねぇ。
湾岸方向を見ると千葉も神奈川も一緒に眺められるんだー。
こんな高いのが作れちゃうなんて すごい!
小学生並みの感想ですな。
そして空に浮かぶ短い虹を見ました。いつもなら見上げる虹。目の高さよりちょっと上にサッと誰かが一筆で払ったような虹でした。
うわー虹だー。ちょっと触ってみたいなー。
小学生以下の感性ですな。

Sktn


夏の思ひ出 1

そろそろ秋の気配を感じます。皆様は健やかにおすごしでしょうか。
 (前回の日記から どれだけサボっている事か‥ すみませぬ。)
季節に合わせて 夕べの栗ご飯の話題などから入りたいところですが、
その前に この夏を総括しておこうかと、、 斯様に思いまして、 
しばらくおつき合いください。

 6月
奈良に行って参りました。春日大社、東大寺、興福寺を巡りました。
法隆寺や唐招提寺も行きたかったのですが、時間が無くて残念。

高校の修学旅行を思い出しますな。鹿に360度囲まれて、お尻をカジカジされたっけ。
ジィ〜ッと見つめるたくさんの鹿の目。背が低い私にはとても近くに見えて、
ビビっている姿が鹿さまのお目々の中に写っておりました。

やはり修学旅行の女子生徒が鹿に囲まれて、同じような状況に、、
当時と違うのは、その様子をお友達がケータイでいろんな角度から写真撮ってるって事。
あの頃こんな便利な物があったら、、、修学旅行が1000倍位楽しいかも。
いやいや、無いから思い出が際立っていいんだよね。
写真が少なくても、思い出を共有してる友達がいるって事が大事ダイジ。

P1000100

春日大社は、初詣でお参りした千葉の香取神宮とどことなく似ていて、ちょっとした既視感をあじわいました。それもそのはず、なんでも東国三社の内である、鹿島神宮の武甕槌命(たけみかづち)が白鹿に乗ってきたとされ、香取神宮の祭神、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)も起源に関わっているということです。
茨城と千葉と奈良、古からの縁を感じます。歴史に疎い私ですが、神話の世界にはロマンを感じます。

P1000097

雨雲に覆われて蒸し暑い日でしたが、なんだか清々しい感じがしました。


忘れちゃならない!彼の写真

Stjpg

まだまだ 続きます。

ピンクキャデラック?

気になるお店ってないですか?
先日、こんなところに行ってみました。
ピンクのキャデラック?が目印。

Pi

お店の中はこんな感じ

Pe

その昔、原宿の辺りにありましたこんなお店。懐かしいー。
お姉さんお兄さん達なら あったあったーって思い当たりますよね?

店内は'50〜'60年代のムード満載のコレクションがた——くさん。
掃除の事を考えると頭が痛くなっちゃいますが お店ならこうゆう空間大好き!
オーナーさんのこだわりが感じられるっていうのいが 断然いい。

ロケンロールな気分で アボカドとトマトのカレーを頂きました。