日記・コラム・つぶやき

ヘビィ センチメンタル

Photo

中秋の名月、ご覧になりましたか?
いつまでも見ていたい程、それはそれは美しいお月さまでした。
情趣のある日本家屋の縁側にお月見のしつらえ、
ゆるりゆるりのお月見なんていーなー。あこがれます。

もう秋ですなぁ。
夏女としては、夏が終わるのはヒジョーにさみしぃ〜。
夏休みの終わりとこの中秋の名月の頃の2回、夏の終わりを感じて、
おセンチになっちゃうの。(昭和45年りぼん8月号か?)
ちょっとチャームな女の子だから。(魔法使いサリーかい?)

こんな気持ちを救ってくれるのは、秋の味覚。
ワタシのセンチメンタルを吹き飛ばしてちょーだい。
松茸、新米、秋刀魚、栗、里芋、秋鮭、秋なす、、、
こうして胃袋から秋も深まりゆくのです。
そしておセンチな気分は天高くに拡散され、
ウェストのおセンチが気にかかる秋の夕暮れ。

今年のカレンダーも残すところ4枚。早い早い。
年々早く感じるのはワタシだけか、、
2013年4分の3も終わろうというこの現実。

なにをするにもいいこの季節、
食べる事以外にもいろいろやらなきゃね。

小若

Mm

小さいでしょ?
子供神輿です。
子供の頃、衿に「小若」って染め抜いた半纏着て引いたっけ。
もっと大きく感じていたはずですが、
大人になるとなんとかわいいこと。細部までよく出来ているんです。

8月ももう終わりという日曜日、
高校時代からの仲良しRちゃんと当時の美術の先生の作品展へ行ってまいりました。
ウン十年ぶりの先生と対面でした。
お元気そうで何より、懐かし話しであの頃に思いを馳せたりして。

学生の頃、美術の時間が一番好きでした。
理数系は苦手だし、日本史も世界史も戦だ、謀反だ、革命だの戦争ばっかりでウンザリ。
古典や漢文は興味あったけど、授業ではツボにフィットしないというか、
興味のある部分は割愛されて退屈でした。

特に体育は「小若」の時代から吐き気がする程嫌で、
ずる休みした体育の授業の見学もズル休みをしようと目論む位、
見るのもやるのも大嫌いでした。

卒業してから20年ぐらいして、初めてこの世には体育が好きな人がいるんだと、
スポーツ好きが大勢いるんだと分かって 密かにたまげた次第です。
皆いやいや健康の為とかでやってると思ってました。

美術の時間が楽しみでしたが、もしかすると
嫌々やってる興味ない人もいたんでしょうね。

今じゃ いやいや健康の為にスポーツをしなきゃいけない領域かも、、
見学って訳にはいかないかなぁ。

昭和手法の暫定的処置

夏休みですね。
いつもと違ってお昼の支度が案外大変じゃないかと、、

自分だけなら残り物で済ますであろうが、そうはいかない。
素麺、ざるそば、冷やし中華、
簡単そうに思いますが、麺を茹でるそのお湯を沸かしてるだけで暑〜〜い。
三度三度のお支度、ホントにご苦労様です。
あともう少し。頑張りましょうね。


ところがです、


Kic

毎日お世話になっているガスコンロが調子悪くて。
もうここ一年以上、スタート時に押すボタンの接触が悪かった。
一番右上隅の直径10mm程の小さいこのボタン。
だましだまし、使っていました。。
パッと押す、ずーーっと押す。そーっと押す。チカチカ押す。
あらゆるフィンガーテクを駆使。

そしていよいよのとき我ら昭和世代なら、
家電の調子が悪い時に誰もがしたであろう
パンチ。チョップ。

カラーテレビが白黒テレビになりかけた時、
扇風機の羽の音がなんだかいつもと違う時、
ラジカセの調子がいまいちの時、
パンチ、チョップで問題解決したもんです。

その経験をふまえ、水平チョップにてボタンを押して
穏便に(?)事を進めてました。
一回でダメなら、連打。
小橋健太のマシンガン水平チョップのごとく。
連打でダメなら、モンゴリアンチョップ。
キラーカーンのごとく。

でもねスイッチの基盤を取り替えればいいのは解ってました。
修理手配の電話するのがメンドくさいの。
電池無いんじゃないですか?なんて
当たり前の事を何回も聞かれるのが、うんざりなんです。
出来れば自分でなおしたいが、仕方ない。
もう昭和手法ではお湯を沸かすのも不便極まりない。
修理依頼しました。
 
スイッチの基盤を取り替えてもらい、快適な着火復活。
熱いリング上さながらの闘魂も何処へと消え、
ピアニストのようなタッチで優雅にお素麺のお湯を沸かすワタクシ。
キッチンが暑かったのは、闘魂も燃えていたからだったんですね。
あれからキッチンの温度が少しだけ低くなったようです。

白蜜きな粉派

Photo

バレンタインデーですが なぜかくず餅の写真です。
 
いただく度に「世界で一番美味しいくず餅だわ。」と絶対言ってしまう。
ダンナが千葉の市原方面へゴルフに行ったら、たまにお土産で買ってきてくれる
「草刈ドライブイン」のくず餅です。
特別美味しいんです。


たいていのくず餅は黒蜜ですが、ここのは白蜜。
白蜜ゆえにすっきりした甘さと、きな粉のほのかな香ばしさがあうんです。
ぷるぷるの冷たい餅にさらりと絡んで もうたまらんっ。。

なんといっても このくず餅のやわらかさ!
独特のやわらかさで とろとろした主張がない感じではなく、
一本筋の通ったやわらかさ。変な言い方?
いつも三角に切るんですが、かどかどがまるまるの集合体みたいな、、
わかりづらい?
とにかくお口の中はハピネス充満です。

時間が経つとどんどん風味が変わるので、
素早く美味しいうちにいただかなくては!

あんこものより断然きな粉派なので 
きな粉も多めにして おいしくいただきました。


胃腸快調食欲順調

パンが焼き上がる。
キッチンから香ばしいいい匂いがして、爽やかな朝の始まりのはずでした。
ハロウィンの朝でも。(古い話で恐縮です)
前日の夜、いつものてん菜糖やめてメープルシュガーを入れてみようと思い立ち投入。
出来上がりを楽しみにしてました。

出来上がったパンの味見をしようと、一枚切ってみたら 
あれれ?胡麻を混ぜ込んだような薄いグレイ。
メープルシュガーがこんな色を作り出すのかと、なぜ、ベージュ系にならずにグレイかと、

ここからが問題です。
食べてみなきゃわからない。
彦摩呂のごとく 石ちゃんのごとく いっただきまーーーす。

国産の小麦粉のモッチリ感の後、プチッと芥子の実のような感覚。なんで?
タイマーで予約したから、メープルシュガーが再結晶してジャリジャリするのかなぁぁぁ?
スキムミルクと混ぜるな危険!ってことか?
バターとの相性か?
なぜだー。
自問自答しながら一枚をじっくり食べてみました。
料理本で調べながら、ネットでも検索してみた。不思議である。

原因がわからずに研究心というか好奇心というのか
お昼に再度切ってトーストしてみる。
うーーん!?
謎である。
焼いてもザリザリする、、

試しに反対側を切ってみると、、

ンガーーーーーーーーーーーーーーッン
衝撃映像

Kp1


小麦粉の袋の中に入っていた脱酸素剤です。
捏ねて一部袋がやぶけ、主成分であろう鉄の粉が いいかんじの食感を醸したという事か、、

研究者しか食べてはいないので家族は安全でしたが、
大丈夫か ?  ワタシ
気づけよ !  ワタシ

あれから1カ月経ちました。
大丈夫です。
胃腸快調食欲順調