« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月

山ガールから海ガールへ

Yyp
 
自称山ガールの友人から、山のお土産を頂きました。
立山アルペンルートの旅の思い出のお裾分けです。

写真やニュースで雪の壁の間をバスがゆくのを見た事があります。
今の季節は、雪の代わりに紅葉が見事で 素晴らしかったんだそうです。
自称海ガールで山に疎いワタシにも 紅葉の美しさはわかります。
両手に黄金色から燃えるような赤へのグラデーション、
空は突き抜けるような青!いーねー。
でも、当日は曇ってたらしい。あれれ。

an.deux.hinaでも扱っていたチロルテープなつかしや、、、
ペンが2本も入ると満員御礼のペンケースです。

さっそく ミニーちゃんのコロコロ美顔ローラー付きペンを入れてみました。
山ガールと今年の春に行ったTDSでお揃いで買ったものです。

中学時代から変わらぬ山ガール。
かわいいお土産 ありがとう。


特撮博物館

Image_1

10月8日に終了してしまいましたが、期間中の来場者数29万人を超えたという
『特撮博物館』
9月のとある日いってまいりました。

特撮を展示?なんだかんだいって、CGの話になっちゃうんじゃないのー?
なんてあんまりピンときてなかった。
ところがどっこいデスよ。
ワタシが悪かった。
ツボにばんばんヒットしました。

ミニチュア。小松崎茂氏。SFメカデザイン。キングギドラスーツ。基地や宇宙ステーションなど内部の精密なデザイン。まさか一同に集まって見られるなんて。
懐かしいやら、興味深いやら、もうどこから手を付けていいの⁈

Ksh

おまけに特撮の集大成『巨神兵東京に現わる』というショートフィルムまでのフルコース。
CGなしの 職人技のすごさをおおいに感じました。


全く知らなかったのですが、一目でうわぁ~って言っちゃったのがコレ。
スカイホエール
(ウルトラマンタロウ)
Photo

ナナフシ的飛行機です。どうしてこんな形が思いつくの?
そしてこのトーンと配色、忘れていた昭和風味。
かっこいー 参りました。


来春開催の検討がされてるようですので、昭和のちびっ子は要チェックですヨ。

夏の思ひ出  5  

いつもの毎日、平凡な日々、なんにもなかったように思ってましたが、
棚卸しすると案外ネタが多い事に気づきました。
夏の思ひ出 5って何⁈
総括とは言いませんね。
すみません。ひとまず最終回です。

8月はワタクシの誕生日が、ありまして、、、
その誕生日2日前にダンナが参加している会合の家族会で、TDLへ行きました。

メインはClub33での会食。
ゆっくり食事が出来て、お酒も飲め(飲んべえにはスゴ〜く大事)
お給仕(っていう?昭和か!)の おねえさんの制服が、すごく可愛かったです。
お誕生日のコースもあるようですが、今回は皆さんとの集まりという事で、
賑やかに楽しくお喋りしながらいただきました。
お土産に、自分の名前入りのシールをいただきました。

Tdl

お料理の写真はこれだけ、
いつも食べたり、飲んだり、おしゃべりしたりでいそがしくって
画像で残ってるのはアペタイザーのみってことがなんと多い事か。
今回もです。
記憶では蛤とジュレの冷たいスープ。
Cl_2


勝手にお誕生会の前倒し的気分で盛り上がるワタクシでございます。
夢の国でお酒が飲めるって最高デス。


期間限定のアトラクションだと思ってた『キャプテンEO』。
もう終ってると思ってたたら、レギュラーアトラクションになってたんですね。
やったー。
久々に見るこのプログラム。始まった当時もマイケルのダンスと3Dの迫力ある画面に魅了されましたが、今見てもやっぱり色褪せずイイ‼


肉体年齢はかなりビンテージですが、精神年齢は ほーえばー18ですから
キッカケさえあれば、一気に高3女子になりますのよ。うぷぷぷぷ、、、
怖がらないで、ついて来て下さいね。

Tb


スペースマウンテンで小4男子になり、
ピーターパンでは、厚かましくもティンカーベルに夢見る小1女子になり、
どんどん童心に帰るワタシ。
Club33であまりにも制服が可愛いくて、、お姉さんに話しかけるワタシは、
実年齢のしかもおぢさん!だったかも。

ひとっ飛びに年齢も性別も超えるTDL。
ミラクルワールドで 夏の思ひ出 締めさせていただきます。


夏の思ひ出 4

東西タワーに上りました。

まずは、乗り換えの為に寄った京都。

P1000158

新幹線の乗車まで微妙に残った時間で京都タワーに行ってみました。
展望室から望遠鏡で清水寺や、平安神宮、祇園、比叡山、あっちこっち見渡して無理矢理観光気分に浸りました。
—湯豆腐を食べにフラッと南禅寺に行って参りました— なんていうのが夢です。
—鮎を食べにフラッと嵯峨野に行って参りました— なんていうのも夢です。
食べる事ばかりで恐縮です。フラッと行けるなんてゆー日がくるといいなぁ。

そして スカイツリー。

Skt

隅田川が地図で見るのと同じに蛇行しているンだねぇ。
湾岸方向を見ると千葉も神奈川も一緒に眺められるんだー。
こんな高いのが作れちゃうなんて すごい!
小学生並みの感想ですな。
そして空に浮かぶ短い虹を見ました。いつもなら見上げる虹。目の高さよりちょっと上にサッと誰かが一筆で払ったような虹でした。
うわー虹だー。ちょっと触ってみたいなー。
小学生以下の感性ですな。

Sktn


夏の思ひ出 3

7月 成城学園 8月 横浜赤れんが倉庫 
手作り市に参加させて頂きました。
たくさんの方との出会いがありました。
お世話になった皆さんありがとうございました。

ポーチやこんなブックカバーなど、数点ですが出品しました。

Bkc1

スマートフォンに換えてからというもの電車や待ち合わせの時など、路線図をチェックしたり、ニュースなどついつい深追いしてしまったり、時間の隙間にすっかり入り込んでいる感がします。
なんか以前とちがう。何かが足りない。
そうなんです、本を読む時間が激減している。

反省しました。
読みかけの本、気になるあの本、読まなくっちゃ。あーもったいない。

バッグの中に必ず入れる文庫本には麻のブックカバーをかけています。
手触りがいいのと本が傷みにくいのが何よりいいのです。
図書館で借りてきた本など特に気を使いますよね。本より少し大きめに作りましたから端が傷んだりしないはずです。
読書の秋。スマートフォンはバッグにしまって、少しの時間でも本読む事にしまーす。

夏の思ひ出 2  虫の話

またまた奈良でのことです。
興福寺から通りを歩いていたときに、目の前をブーーンと何かが通り過ぎ、お店のシャッターにとまりました。二度見しました。長年激しく「見たい!」と思ってた生きたルリボシカミキリかっ?! 
「やったーーーーー!写真 写真! 」で撮ったのがコレ。

P1000137

でもね 違うんです。ルリボシじゃない。
これはラミーカミキリというンですって。かわいいけどちがうんだなぁ〜。
会いたいのはこれ。↓

P1000162

お恥ずかしい。幼稚園児時代からとっても大切にしている虫プリントのハンカチです。
お習字の墨が付いてしまって、かなり残念なこのヘンテコハンカチ。

—ルリボシカミキリ 
やはり幼稚園児時代に、たった一度だけ生きてる本物を見た事があるのです。
それはそれは美しい青でした。忘れられない。
生物学者の福岡伸一さんの 『フェルメールでさえ作り得ない青』と表現されている一文を目にし、ウーン激しく頷きました。同感!

ちょっと話はずれますが、最近の美しい写真満載の動植物図鑑。実物を知るには本当に写真てすばらしい。
でも、ワタシは断然手書きの絵による図鑑が好き。
このハンカチと同様に大切にしていたのは、全て手書き絵だけのポケット図鑑でした。確か学研の付録だったのではないかと思われますが、たくさん持ってたなぁ。大好きだった。

で、ルリボシちゃん。博物館で標本を見た事がありますが、あの青は全く見られないんです。
生きてるの見てみたいな〜。どこかでまた会えるといいな。


« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »